トクホ

乳酸菌に弱点はあるの?

乳酸菌を扱う上で気を使わなければならないのが「温度管理」です。
まず0℃以下の場合。
ヨーグルト製品の中でも夏場に売れ行きが良くなる「フローズンヨーグルト」。
乳酸菌は低温でも死滅するわけではなく、活動をやめるだけです。

常温に戻すと活動を再開しますが、フローズンヨーグルトの場合は口に運ぶときはまだ冷たい状態です。
体内に入り温度が上がると再び乳酸菌の働きが復活するようです。
ただし、冷凍と解凍を何度も繰り返してしまうと、乳酸菌の働きが弱くなってしまいますのでご注意を。

続いて加熱した場合、こちらの方が気を使わなければなりません。
耐熱温度を超えると死滅してしまいます。
限度は60℃で30分、沸騰させると数秒だと言われています。

菌を増殖させる目安としては40℃なので、それまでにしましょう。
味噌汁を温めすぎて沸騰してしまうことがありますが、あの状態ではすでに乳酸菌は生きていません
だから味噌を溶かすときに火をいったん止めるんですね。

キムチに含まれている乳酸菌も、お鍋にしてぐつぐつ煮ると死滅してしまいます。
キムチ鍋の素で調味し、キムチ自体は最後に取り皿に入れるのをおすすめします。
また、風邪などのために病院で抗生物質や抗菌剤を処方された場合、悪い菌と一緒に乳酸菌も殺してしまいます。
腹下しを起こしている場合は、早めに抗生物質を切り上げて、これまで通りに乳酸菌を摂取し、腸内環境を正常に戻したいものです。

▼便秘解消に効果がある乳酸菌の種類はこちら


このページの先頭へ