トクホ

牛乳と乳酸菌の深い関係

一般的に、販売されいている牛乳は殺菌されています。
菌がいない状態になっているところに乳酸菌を加える。
その結果生まれる代表的なものが「ヨーグルト」です。

ヨーグルトに使われるものは、サーモフィルス菌、ブルガリア菌、ビフィズス菌など。
ヨーグルトを製造するメーカーは、使用するものを色々と変えて、他社には無い商品づくりに取り組んでいます。

牛乳の中に入れられた乳酸菌は生きていて、時間がたつとさらに発酵が進み、酸っぱい味わいになります。
このことで、ヨーグルトは保存性が向上し、整腸作用効果をもたらします。
牛乳を飲んでお腹がゴロゴロする人もいますが、腸内の菌数を正常にするヨーグルトだと、便通を整える効果が期待できます。

また、ヨーグルト以外にも日頃の食生活に乳酸菌を手軽に取り入れられるのが「乳酸菌飲料」です。
ヨーグルトよりも牛乳の成分が少なく、甘味料・果実・香料などを加え、甘酸っぱいジュースのような味わいです。
乳酸菌飲料が好きだという子供も多いので、幼いころから乳酸菌を摂る習慣をつけられます。

生きた乳酸菌を腸に届けるために、新鮮な乳酸菌飲料にこだわった宅配専用の商品もあり、代表的なのが「ヤクルト」です。
牛乳や乳酸菌を含む発酵食品を意識して摂るのが難しいという人には、定期的に届けてくれる乳酸菌飲料が手軽です。

このページの先頭へ