トクホ

乳酸菌を多く含む発酵食品はこれ

乳酸菌を含む食品といえばヨーグルトが浮かびます。
牛乳に酵母や乳酸菌を混ぜて発酵させるトルコの発酵食品です。
ヨーグルトは元々家庭で手作りされるのが当たり前でしたが、今では味の嗜好に合ったものを購入するのが一般的。
たくさん毎日家族で食べたいという家庭では、ヨーグルトの種を元にどんどん増やせる自家製ヨーグルトを作っているようです。

ヨーグルト以外で日本の食卓に並ぶ食べ物の中にも、乳酸菌を含む発酵食品があります。
大豆から作られる味噌、納豆、醤油、漬物は代表的な植物性乳酸菌を含む食品です。
和食のレシピには欠かせないので、ごく一般的な和食メニューにすることで自然と乳酸菌を摂取できます。
植物性乳酸菌の特徴はこちらに載っていますのでご覧ください。

お酒の中では、ワイン、日本酒、マッコリなどが乳酸菌を含んでいます。
チーズやお漬物をおつまみにすることでどちらからも乳酸菌を摂取できます。
世界の発酵食品を見てみましょう。

キャベツを使ったドイツのザワークラウ、韓国のキムチ、中国のザーサイ、インドのチャツネ、インドネシアのテンペなどが挙げられます。
どのような味付けでも合うものは炒め物や煮込み料理のも応用して、乳酸菌を含んだ食品をたくさんつかった食卓にしたいもの。
しかし、そのさいはくれぐれも温度に注意が必要です。
40℃で乳酸菌を増殖させますが、それ以上になると死滅してしまいます。
味噌汁を吹きこぼれるほど火を通したりすると乳酸菌は摂取できませんので注意が必要です。

近年、健康に対しての意識がどんどん高まってきているため、様々な健康食品が出回っています。
その中には、乳酸菌のサプリメントもあり、人気を集めています。
食品からも摂れる乳酸菌ですが、毎日必要な量を摂るのが難しいかたは、足りない分をサプリメントで補給してはいかがですか?
みなさんも乳酸菌で健康生活始めてみませんか。

このページの先頭へ