トクホ

生きて腸までちゃんと届いているの?

胃酸などで死滅せずに腸まで届いてこそ、乳酸菌を摂取する意味があると言えます。
しかし、どの乳酸菌でも生きたまま腸に届いているわけではありません。
中でも、期待できるのは「有胞子性」と言われる乳酸菌で、スポロ乳酸菌・ラクリス乳酸菌などが代表的です。

通常乳酸菌は腸内などの自分に適した環境でないと働きません。
有胞子性の乳酸菌は、熱や酸にも強いのが特徴で、むしろ胃酸があることで発芽を促進させる特長があります。

これにより、生きたまま腸に届くことができるのです。
だいたい一週間程度で体の外に便として排出されますので、継続して摂取することが大事です。

メーカー側としては、有胞子性乳酸菌は保存性に優れていて、食品などに添加して製造しやすいことから商品にバリエーションを持たせることができます。
また、継続摂取が基本となるので、継続販売が受け入れやすいこともメリットといえるでしょう。

具体的に有胞子性乳酸菌を使っている製品では、健康食品会社やずやの「千年ケフィア」があります。
乳酸菌のエサとなるフラクトオリゴ糖や、多機能タンパク質ラクトフェリン、難消化性デキストリンも一緒に配合されています。
ハードカプセルタイプと粉末タイプがありますが、やはりどちらも定期的に購入すればお得になるようです。
こちらにはヨーグルトや乳酸菌というワードとセットでよく聞くビフィズス菌について解説されているサイトhttp://www.noonvalero.com/bihuxizusu.htmlがあります。

このページの先頭へ