トクホ

風邪の時こそ乳酸菌を食そう。

ストレスや睡眠不足、栄養の偏りなどの要因から、体内の免疫細胞があまり働かなくなる。
このときにウイルスが入りこみ、発熱や咳などが出る状態が「風邪」です。
本来持っている免疫細胞の働きを活性化させる「プラズマ乳酸菌」に今注目が集まっています。

ウイルスの感染から守る役割を専門的に果たす「プラズマサイトイド樹状細胞」が活性化する画期的な乳酸菌で、体全体の感染に対する防御力が高まると考えられています。
乳酸菌飲料などを販売するキリンと国立感染症研究所による共同研究でも、熱っぽさや咳といった風邪の初期症状がプラズマ乳酸菌によって抑制されることが確認されました。
プラズマ乳酸菌はもともと自然界に存在していますが、口から摂取できるよう、プラズマ乳酸菌飲料やヨーグルトなどが販売されています。

前述のキリンからは「からだまもるみず。プラズマ乳酸菌の水」の他、ヨーグルトでおなじみのブランド小岩井の「まもるチカラの乳酸菌」などです。
また、乳酸菌は免疫力を向上させることによって、強い感染力を持つインフルエンザ予防にも期待されています。
明治乳業が販売する「明治ヨーグルトR-1」はインフルエンザ予防につながるとメディアで取り上げられてから売れ行きが伸びました。
さらに、時期的に気になる花粉症や慢性のアレルギー性鼻炎などの緩和にも可能性があるとわかってきました。
風邪やアレルギーにはhttp://adamsblock.com/kw.html紹介されている乳酸菌L92や乳酸菌KWもおすすめです。

このページの先頭へ