トクホ

乳酸菌は体内でどんな経路をたどるの?

ヨーグルトや飲料、サプリメントから摂取した乳酸菌。腸に届く前に、胃でも実は働ています。
たとえば、逆流性食道炎は胃酸が逆流することで起こりますが、乳酸菌が胃の状態を正常に保ってくれます。これは胃の中にある悪玉菌を退治してくれているからです。
その後、腸に運ばれていくのですが、このときに2通りの乳酸菌に分けられます。
死滅しまう乳酸菌はその死骸をもって、退治した悪玉菌を吸着して外へ排出してくれます。
死滅してしまった乳酸菌のはたらきは他にもありますので、詳しくはこちらのサイトをご覧ください。

食物繊維のような働きですが、このために腸の中をスッキリと保ってくれるのです。
一方、生きたまま腸に届いた乳酸菌は、腸の中にある善玉菌を増やし、悪玉菌を退治してくれます。

このようにして、体内の老廃物を外へ出し、体内では善玉菌を作る働きをしてくれているのです。
最新の研究によると、胃腸の働きを正常にすることで、アレルギーや虫歯の予防にも役立つとされています。
花粉やハウスダストなど様々な要因があるアレルギーですが、腸内環境を正常化していくと、アレルギーの諸症状が落ち着いてくるそうです。

対処療法として薬を服用するだけでなく、体全体から変えていけば、少しずつ悩みから解放されていきます。
最初は無駄に感じるかもしれませんが、乳酸菌を摂取することで、胃のスッキリをサポートし、腸内環境を整え、しまいにはアレルギー緩和にも役立つという順序を考えれば、実践するのも楽しいものです。
乳酸菌が含まれている食品を使ったおいしい料理レシピがこちらにあります。
毎日おいしく乳酸菌を摂っていきましょう。


このページの先頭へ