トクホ

免疫力の低下に乳酸菌ラブレ菌

カゴメから発売されているヨーグルト「植物性乳酸菌ラブレ」。
ラブレ菌は「ラクトバチルスブレビスサブスピーシスコアギュランス」という正式名所があり、京野菜「すぐき」の漬物から発見された日本生まれの乳酸菌です。
乳酸菌のラブレ菌の特長は生きたまま腸に届くこと。
悪玉菌を減らし、善玉菌とばバランスを整えることで便通を良くしたりなどの働きがあります。

腸内環境を整えることで日常のお通じの悩みが解消されていきますが、長い目で見ると最大のメリットは免疫力アップできることです。
インターフェロンという物質がウイルス感染から体を守るために重要なので、肝炎の治療薬として有名です。
体内で元は生産されますが、インターフェロンの生産ができなくなるとウイルスと戦う免疫力を失い、他の病気を併発する恐れがあります。

ラブレ菌を摂取することでインターフェロンαを生み出す力を強くして、癌から守るナチュラルキラー細胞を活性化します。
つまりラブレ菌を摂ることで癌などにも強い免疫力を養うことができるのです。
京野菜漬物「すぐき」はその他に、血圧を下げたり中性脂肪の減少、イライラ解消に役立つアミノ酸GABAも含んでいます。
毎日食卓に並べることが難しいのであれば、ヨーグルトやサプリメントでラブレ菌を摂取しましょう。
ラブレ菌と同じように生き残りやすい種類にフェカリス菌があります。
このフェカリス菌についてはhttp://www.fscop.jp/fec.htmlに詳細が載っていますのでご覧ください。

このページの先頭へ