トクホ

乳酸菌とプロバイオティクス

プロバイオティクスは、「プロバイオシス=共生」を語源としてる言葉です。
腸内環境を整えるために広く用いられ始めたのは比較的最近のことで、1989年イギリスの微生物学者によって、
「腸内のバランスを改善し、人に有益な作用をもたらす微生物」として定義されました。

そのプロバイオティクスと深い関わりがある言葉でバイオジェニックスという言葉があります。
このバイオジェニックスについて詳しくはhttp://www.williapps.com/baio.htmlのサイトで解説されています。
是非、ご覧ください。

乳酸菌やビフィズス菌がその微生物にあたります。
乳酸菌等を含むヨーグルトなどの乳酸菌製品を取り入れることで、生きた微生物を腸に取り込むことができます。
具体的な有益な作用は、腸内の良い菌を増やし、下痢や便秘を抑えるといった腸内環境の改善です。

続けることにより、体全体の免疫力をアップさせ、腸内の病気感染を抑えます。
これにより、アトピーの抑制やピロリ菌の抑制、コレステロール値低下作用などが期待できることから、腸内環境だけでなく、体質改善にも役立ちそうです。

科学的に効果が証明された菌株を選ぶことが重要となります。
種類によっては胆汁や胃酸で弱ってしまう場合もあります。生きて腸に届くものを選びましょう。
特定保健用食品の表示(通称:トクホマーク)がついた商品を選ぶと間違いがないでしょう。
食物繊維やオリゴ糖などの善玉菌のエサになるものを一緒に摂ると、よりプロバイオティクスの効果が高まります。
こちらにはダイエッターにおすすめの乳酸菌が紹介されています。
乳酸菌で便秘知らずの健康的なダイエットをしてみませんか?

このページの先頭へ