トクホ

乳酸菌で細胞も若返る!

報道が過熱する「STAP細胞」。
実は、乳酸菌にも人の皮膚細胞を多能性細胞に変えられる力があるとのことです。
これは太田訓正准教授(熊本大学大学院生命科学研究部)の研究グループが、乳酸菌を使って様々な細胞の元となる多能性細胞を作ることに成功したと、アメリカの科学雑誌プロスワン電子版に発表された内容です。

筋肉、神経、骨、軟骨、脂肪へ分化させる実験に成功していて、今後は血液などの細胞も分化できるか検証するそうです。
美容の観点から見てみると、腸内環境を整えることで美肌を保つことができるとされています。
腸の中の悪玉菌が増えると、毒素を排出する能力が低下し、むくみや血行不良の原因となります。

子供の肌がきれいなのは腸内の細菌活動が活発だからといえます。
産まれたばかりの赤ちゃんの場合、腸内の菌の90%以上が善玉菌であるビフィズス菌です。
大人と同じ食事をとり始めたときから一気にその数が減り、
年齢を重ねるについれて細菌数が減少していきます。成人の善玉菌は赤ちゃんの1割にまで下がります。

乳酸菌を摂取し続けることにより善玉菌を増やすことできます。
体の抵抗力を高めて、便秘を予防し、結果肌のターンオーバーも促進します。
綺麗になりたい人は腸内環境を整えることが一番の近道なのかもしれません。

腸内環境を整えることができる乳酸菌には、整腸作用の他にも風邪や病気に負けない体づくりをサポートしてくれたり、アレルギーの緩和、女性に嬉しい美肌効果やダイエット効果もあります。
乳酸菌にはたくさんの種類がありますので、目的に合わせて選んでいくと良いでしょう。
また、乳酸菌と一緒に摂ると良い成分がこちらに載っていますのでご覧ください。

このページの先頭へ