トクホ

腸内の善玉菌と悪玉菌

腸内の善玉菌と悪玉菌は存在するバランスが重要です。
健康な人であれば通常は乳酸菌を含む善玉菌が2割、悪玉菌が1割。
残りの7割、大部分を占めるのが意外と知られていない「日和見菌」です。

この日和見菌の「ご機嫌」によって、私たちの腸は大きな変化を迎えてしまいます…。
日頃はどちらにも加担せず、強い方に加担する「日和見主義」な人ってどこにでもいますが、まさにその通りで、乳酸菌を含む善玉菌と悪玉菌のうち優勢な方の味方をする菌なんです。
これにより、日々の腸内環境はバランスが変わっています。

しかし日和見菌の働きについては、まだまだ研究発展途上と言われ、未解明のことも多いので、一概に善玉菌と悪玉菌の数だけで腸内の健康度を測ることができないのです。
また、乳酸菌を含む善玉菌についての情報の方が日頃から見聞きする機会が多いので、悪玉菌についての知識が少ないという人もいると思います。
実は、生まれたばかりの赤ん坊にとって、悪玉菌は大切な「初めての敵」とも言えます。

なぜかというと、最初は菌がいない状態で産まれてきますが、やがて悪玉菌が腸内に入り込みます。
そこで赤ちゃんの腸は初めて「悪いものに抵抗すること」を知ります。
それが抵抗力として免疫機能になるのです。


このページの先頭へ